vol.61 家づくりのお金の話

皆さまこんにちは。

最近は日差しも暖かく、あちこちで桜も咲いて、いよいよ春を感じられる季節になってきました。

ただ、花粉症の私には、四季の中でも特に苦しい時期ではありますが…笑

 

と言いながらも、先日、家の近くへ花見に行ってきました。

やはり、季節を感じられる景色や風景はいいものです。

良い悪いは置いておいて、その季節を感じられる景色やモノに触れた時につい思い出す事ってありませんか?

私であれば桜を見ると色んな事を思い出すのですが、
「あーこういう事があったなー(^。^)」という様な感じで。

家づくりをお手伝いさせて頂いている身としては、家を建てた季節を迎えるたびに、
家づくりをした際の思い出やエピソードを是非思い出して頂きたいものです。

 

 

さて、本日は住宅ローンについて少しご紹介!

先日、住宅ローンアドバイザーに相成りました、私が僭越ながらお届け致します。笑

とはいえ、あまり小難しい話はこの場でするつもりもないので、
今回は誰もが馴染みのある「クレジットカード」についてお話ししたいと思います。

 

クレジットカードって使い方さえ間違えなければ、本当にすごく便利なツールですよね。

大金を持ち歩かなくても良いだけでなく、割とポイント還元率の高いものも多く、非常に重宝しますが、
しっかりと管理が出来ていないと住宅ローンの審査や借入金額にも影響がでる危険性があります。

 

クレジットカードは通常「ショッピング機能」と「キャッシング機能」があり、それぞれ利用枠を設定することができます。

キャッシング機能の利用枠を組み込んで設定されている場合、
住宅ローン審査時にキャッシング利用枠の上限額も月々の返済額に加算して審査します。

つまり、このキャッシング利用枠の上限額が多ければ多いほど、
まだ利用していないのにも関わらず借入可能額がマイナスになってしまうという事なのです。

使ってもいないのに差し引かれてしまうなんて驚きですよね(´Д`)

 

これから住宅ローンを借りるご予定の方は住宅ローン審査をされる際に下記の事をおススメします。

① 使っていないクレジットカードを解約する
② キャッシング利用枠を廃止する手続きを行う

 

但し、上記2つをする際は合わせて下記2つもして頂かないといけません。

① をした場合⇒解約証明書を発行してもらう
② をした場合⇒廃止内容が分かる書類をもらう

 

上記の手続きをして頂き、書類を大切に保管しておいてください。

銀行によっては書類提出を求められる場合があります。

 

また、車のローンなどその他別の借入がある場合も審査時に加算されてしまいますので注意が必要です。

住宅ローンは銀行によって様々な商品があり、選ぶのも一苦労です。

だからこそ、プロの意見を元に慎重に考えることがなにより大切ではないでしょうか。

関連記事

PAGE TOP