vol.79 読書の秋

今月は私の愛読書について。

スマートフォンなどなかった20代の頃に、通勤中の時間つぶしの為にたまたま購入した小説が面白く、ハマりました。それからは、常に読みかけの小説がカバンの中にないと落ち着かないほどの読書家ぶりですm(__)m

私はもっぱら「ミステリー」です!宮部みゆき、伊坂幸太郎、綾辻行人、恩田陸、歌野晶午、桐野夏生、藤原伊織、米澤穂伸などが好きですが、一番好きなのは東野圭吾の作品です。

東野圭吾の本は全て、読んでると思います。ただ私は文庫本しか購入しない為、ハードカバーしか発売されていない場合は、文庫本が発売されるまで気長に待つしかありません。
持ち運びをする際に邪魔になるというのもあるのですが、それよりも本棚に直した時にサイズがそろっていないと気持ち悪いという理由が大きいです。

私はミステリーを読むとき、この後の展開を予測しながら読むのですが東野圭吾は毎回、私の予測を上回ってきます!

「ミステリー」で鍛えた推理力でお客様の内なる要望を読み解き、あっと驚かすような提案で設計に生かしてるという噂は本当なのか!?機会があれば是非、お確かめ下さい!笑

 

\ Please follow me ! /

       

Instagramアカウント

       

 

関連記事

PAGE TOP