多世帯住宅のメリットは口コミから!実際に建てる際の相談ポイントを解説

多世帯住宅や二世帯住宅を建てるときは、注文住宅で思いどおりのマイホームにしたいものです。平屋でにぎやかな多世帯住宅もよいですし、リフォームして今住んでいる家をもっと快適にするのもおすすめです。両親も、自分たちも暮らしやすく、便利な多世帯住宅を建てるにはどうしたらいいのでしょうか?

まず、多世帯住宅や二世帯住宅についての口コミを調べるという人も多いでしょう。しかし、口コミをチェックするだけでは十分とはいえません。今回は、多世帯住宅を建てる際のメリットやデメリットについて、また相談するポイントについても詳しくまとめました。

口コミからみる多世帯住宅のメリットとデメリット

二世帯住宅で家族団らん

多世帯住宅を建てることを検討している方は、メリットとデメリットについて知っておいたほうがいいでしょう。多世帯住宅を建てる際のメリットは以下の通りです。

  • 両親が側にいる心強さ
  • 子どもにとって安心できる環境づくり
  • 介護の際に便利
  • 相続税の軽減

多世帯住宅のメリットとしてよく口コミで挙げられているのが、両親と同居することで子どもを見てもらえるという点です。両親が同じ屋根の下に住んでいるので、仕事をしているお母さんにとっては心強く、体調が悪いときにも子どもを預かってもらえて助かるという意見も多いです。

共働き世帯の場合、両親と同居することで子どもが一人になることを防げるという利点もあります。子どもが家に帰ってきたときに、誰かが家にいてくれると安心できますので、働くお母さんも心置きなく仕事に集中できるのが魅力的です。両親と同居することで、介護が必要になった際、実家まで通わずにすむというのも多世帯住宅が支持されているポイントです。

介護が必要となった場合、泊りがけで実家に行かなければならないケースもあり、子どもがいる場合、頻繁に行くのは難しく、また往復の時間も負担になるものです。多世帯住宅で同居していれば、介護が必要になったときでもスムーズに両親の世話をできて便利です。

多世帯住宅、二世帯住宅などで両親と同居している場合は、「小規模宅地等の特例」というものが適用されることにより、土地の評価額が8割減です。これによって、相続税の軽減になるというメリットがあります。もちろんそれだけではなく、住宅ローンの負担も少なくなるという理由から多世帯住宅を選ぶ人も多いということです。

よいことばかりに見える多世帯住宅ですが、デメリットもありますのでチェックしていきましょう。

  • 友達や親を呼びにくい
  • いろいろと干渉されてしまう
  • 騒音問題

多世帯住宅を建てた人の口コミを見てみると、土地の大きさなどの関係から共有スペースを作っている人もいます。完全分離ではなく、共有スペースがあると友達や自分の両親を呼びにくいというデメリットがあるようです。友達や親を呼ぶことが多いという人は、なるべく完全分離で多世帯住宅を建てた方がいいでしょう。

すぐ隣、またはすぐ下(上)に両親が住んでいて、あまりお互いの距離が近づきすぎると、人によっては干渉してくる可能性があります。住む前にしっかりとルールを決めてお互い干渉せずに、独立した家族同士で住めるように工夫する必要があるでしょう。

同じ家の中に住んでいるので、生活音はどうしても気になってしまいます。音に過剰な人、生活音がストレスに感じてしまう人は多世帯住宅には向いていないかもしれません。

多世帯住宅を建てるときのポイント

広々としたキッチンとリビング

多世帯住宅を建てるときにどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?また、相談する際にまとめておきたいポイントをご紹介します。多世帯住宅でありがちな失敗例を見ていきましょう。

生活スタイルが違うことで子世帯の生活音が気になってしまうケースです。早寝早起きの親世帯に比べ、仕事から帰ってくる時間が遅く、そこから夜ごはんを食べたりお風呂に入ったりして寝る時間も遅い子世帯の夜型生活についていけないという方も多いようです。

水回りや玄関を共有スペースにすることで、狭い土地でも多世帯住宅を建てることが可能ですが、やはり共有スペースがあるとプライバシーが保たれにくいので、それがストレスになってしまうことがあります。

両親といえども、お嫁さん(お婿さん)にとっては他人ですから、毎日共有スペースを利用するときに顔を合わせるのはどうしても気を使います。それでは、快適な多世帯住宅を建てるにはどうしたらいいのでしょうか?

共有スペースがあると、一緒に料理が作れたり、土地が有効活用できたりと、なにかと便利なこともあるのですが、プライバシー保護の観点からすると完全分離である方がいいでしょう。冷たい印象を与えてしまうと思って、言い出しにくいかもしれませんが、親であっても違う家庭ですから、きちんと分けておいた方が長い目で見てお互いにストレスなく過ごせます。

生活音というのはやはり気になるものです。生活スタイルが違うからあきらめるしかないの?と思ってしまいますが、騒音が気にならないような作りにするという方法で解決できます。

細かいことですが、例えば子どもがいる子世帯は1階にして、バタバタ走り回る音が気にならないようにしたり、2階の場合は昼間の騒音が気にならないよう1階の寝室の上に子ども部屋を持ってきたりするなど、間取りを工夫すれば快適に過ごす家を作れます。注文住宅を建てる際、両親とじっくり話し合い、相談して間取りを決めていきましょう。

多世帯住宅はきちんと相談して納得いくものを建てよう

多世帯住宅を建てるときは、親世帯、子世帯の両方が納得のいく家を建てられるように、気になる小さなポイントもきちんと話し合うことが大切です。お互いが快適に過ごせる家づくりを、信頼できる工務店と一緒に考えていきませんか?

多世帯住宅を建てる際は、ぜひWHALE HOUSEにご相談ください。

多世帯住宅を建てたい方はWHALE HOUSE

会社名 株式会社WHALE HOUSE(ホウェールハウス)
代表取締役 彦坂 達也
住所 〒651-0084 兵庫県神戸市中央区磯辺通3丁目2-17 ワールド三宮ビル3F
TEL 078-242-2777
FAX 078-242-2778
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・日曜・祝日定休
URL https://www.whalehouse.co.jp/
アクセス

電車でお越しの方:各線「三ノ宮」駅から南へ徒歩約6分

お車でお越しの方:阪神高速「生田川」I.C.から約3分

※近隣のコインパーキングに駐車ください。

設 立 平成28年11月1日
資本金 1,000万円
従業員数 7名(平成29年1月現在)
主要取引銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • 兵庫県信用組合
事業
  1. 建築物の企画、デザイン、設計
  2. 建築工事、外構工事、リフォーム工事の施工・管理
許認可登録
  • 建設業許可|兵庫県知事許可(般-28)第117206号
  • 一級建築士事務所登録|兵庫県知事登録 第01A04315号
  • 住宅改修業者登録|兵住改 A17第00192号
瑕疵保険 株式会社住宅あんしん保証
所有資格 一級建築士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、住宅ローンアドバイザー、福祉住環境コーディネーター、カラーコーディネーター
所属団体 SE構法施工登録店
PAGE TOP