003 つながる家

ー街中の狭小地から生まれた、遊び心と家族を繋ぐ3階建ての暮らしー

CONCEPT

隣家にはさまれた縦長の敷地。なのに、室内は明るく開放的で、窮屈さを感じさせない。
空間を仕切る壁を取り除けば、家全体がひとつの大きな空間となり、光や風と共に家族の声をゆるやかに繋ぐ。
暮らしに必要な生活の場と自分たちらしさを堪能できる遊び場をうまく両立させた「つながる家」は、
コンパクトながらも、無駄のない、自分たちの暮らしにフィットした心地よいお住まいに。
住宅密集地ならではの限られた敷地だからこそ見えてきた、自分たちらしさの作り方。

PLAN

❶ 街中で遊び心を堪能した外観

周りは隣家に囲まれた縦長の敷地に建つ「つながる家」。
箱の中に箱を組み合わせたような外観は、見た目のおもしろさだけでなく、心地良い住まいをつくる上で欠かせない様々な手法が組み込まれている。例えば、枠のように突き出た軒と壁は、光や風の入りを調整したり、外からの視線を遮る役割を担っている。
また、玄関扉をあえてガラス仕様にしたことで、ギャラリーのような雰囲気を作りだしている。

❷ 光と風をつなぐひとつづきのLDK

狭小地だからといって、全ての居室をコンパクトに収めてしまうのはもったいない。
SE構法ならではの門型フレームを使えば、空間を仕切る柱や壁を最小限に抑えることができ、明るく開放的なLDKも実現可能に。ひとつづきの空間は、暮らしにゆとりをもたらすだけでなく、光や風を室内に届け、自然を感じる心地良さも生みだす。窓際に設けた吹き抜けはより奥まで光を届け、上下階をつなぐ鉄骨階段は家族の気配とともに光と風を家中に巡らせてくれる。

❸ 遊び心を散りばめたコミュニティースペース

限られた空間だからこそ、収納や棚の配置はかしこく、シンプルに。
構造材の柱を利用して壁一面に収納を設けることで、スッキリとさせつつ、見せる収納として自分たちらしさも演出できる。好きな本や小物を飾ったり、観葉植物を並べたりと、使い方は自分たち次第。
木製の造作建具やタイル、鉄骨などの異素材を組み合わせることで空間にメリハリが生まれ、シンプルな中に遊び心が感じられる、そんなLDKは家族が自然と集まるお気に入りの場所に。

❹ 暮らしの幅を広げる玄関土間

収納と作業スペースを兼ねた広い玄関土間は、使い方次第で幾通りにも暮らしの幅が広がる。趣味の自転車を飾ったり、休日にはキャンプ道具やサーフボードといったアウトドア用品の手入れをしたり、友人たちを招いてホームパーティーを開いたりと、自分好みの空間で過ごす時間はこの上なく楽しい。
たとえ、居住スペース以外の部屋を設けることが難しい敷地条件であったとしても、空間を兼ねることで、また違った暮らしのあり方を手に入れることができる。

SPEC

延床面積:103.50㎡[31.30坪]

構造:耐震構法SE構法[耐震等級3]

断熱:現場吹付け発泡ウレタン

換気:排気型集中換気システム

窓:樹脂サッシ[Low-E 複層ガラス]

性能:C値0.5㎠/㎡以下
   Ua値0.6W/㎡K以下

COST

A 本体価格 2,350万円
B その他費用 150万円
工事請負金額[A+B]  2,500万円

※本体価格に外構費用・設計管理費は含まれておりません。

PAGE TOP