002 自然と暮らす家

ー 好奇心と遊び心をつなぐ、スキップフロアのある暮らし ー

CONCEPT

ありのままに、自然体で、住まいとともに家族が成長する。
1日として同じ表情を見せない自然と隣り合わせの暮らしは、毎日がわくわくの連続で人の心を動かす。
山小屋のような佇まいの「自然と暮らす家」は、自分たちらしさを創造する工夫がいっぱい。
いくつもの空間をゆるやかに繋いでいくスキップフロアが、空間ごとの色は大切にしながら、
住まい全体を心地よく結び、家族が心置きなく寛げる遊び心溢れる時間をつくり出す。

PLAN

❶ 自然に馴染む異素材の外観

豊かな自然が残る郊外の斜面地を利用した、一見山小屋をイメージしたような佇まいの外観。1階はコンクリートの無機質さを残しつつ、空に伸びる2階以上は周りの景色に馴染むよう板張りの自然のぬくもりを添えた。1.5階分の高さにもなる大きな窓が室内外を心地よくつなぐ。

❷ 興味の種を育むライブラリースペース

リビングの片隅。隠れ家のようで、存在感を放つそこは、家族みんなの好きを集めた家の中の秘密基地。週末の旅の計画を練ったり、趣味の雑誌やコレクションを集めた場所からは、いろいろな発想が生まれる。籠るためではなく、会話のきっかけをみつけるそんな場所。

❸ 家族が自然と寄り添うキッチン

リビングから半層上がった、建物の最上階にあるダイニングキッチンの窓からは、裏山の豊かな緑をひとり占め。気候の良い日には、ウッドデッキで食事を楽しんだり、景色を眺めながら珈琲を嗜んだりと、自然と隣り合わせの時間が心地よい。壁一面の収納が生活感を排除し、より一層くつろぎの空間をつくり出す。

❹ 人と空間をつなぐスキップフロア

ダイニングやキッチンに居ながら、リビングで遊ぶ子供たちの様子を眺めたり、訪れた仲間たちとのコミュニケーションのしやすさもスキップフロアならでは。天井まで延びる大きな窓からは、光と風、四季折々の景色を堪能でき、暮らすほどに満たされていく自然と共存する暮らしが実現する。

SPEC

延床面積:120.89㎡[36.56坪]

構造:混構造(RC+木造)

断熱:現場吹付け発泡ウレタン

換気:排気型集中換気システム

窓:樹脂サッシ[Low-E 複層ガラス]

性能:C値0.5㎠/㎡以下
   Ua値0.6W/㎡K以下

COST

A 本体価格 3,600万円
B その他費用 400万円
工事請負金額[A+B]  4,000万円

※本体価格に外構費用・設計管理費は含まれておりません。

PAGE TOP