vol.469神戸で注文住宅をお考えの方へ!パントリーを作る際のポイントを紹介します!

パントリーは、キッチンやその近くに設ける収納空間のことです。
主に、調理道具や調味料、非常食を保存するために設けられます。
こちらの記事では、パントリーについてメリットと設置時の注意点をご紹介します。

□パントリーのメリットをご紹介!

パントリーのメリットを3点ご紹介します。

1点目は、収納量が多いことです。
セールでまとめ買いした物や非常食をパントリーに大量に保管できます。
特に仕事で忙しい方や家族が多い方など、1度の買い物で購入する物が多い人にとって、非常に便利です。

2点目は、収納した物を探しやすいことです。
収納口に扉を取り付けていないパントリーは、収納した物を簡単に探せます。
一方、食品ストッカーやキャビネットなどは、どこに何があるのか一目で把握できるようにきちんと仕切りを使って収納すると良いでしょう。

3点目は、キッチン回りの整理整頓が楽にできることです。
食品や調味料などがたくさんある場合でもパントリーに全て収納できます。
このため、キッチン回りがスッキリとした状態に保たれ、調理時も広々と作業できます。

 

□設置場所や生活動線に注意してパントリーを作ろう!

使いやすいパントリーにするために、動線や設置場所をよく考慮して間取りを決めましょう。

キッチンに隣接した位置にパントリーを作るのが1番お勧めです。
調理中にキッチンとパントリーを何度も往復する日もあるので、キッチンとパントリーはできるだけ近くに設置しましょう。

また、パントリーをキッチンに対して玄関の向かい側に作ると、買い物袋を抱えてキッチンを通過することになり、使いにくくなります。
買い物袋を玄関からパントリーに直接運べて、そのままキッチンにも行けるよう二方向に扉がある間取りにすると、使い勝手がさらに良くなります。
動線を考えてパントリーの位置を考えるのもポイントです。

勝手口の隣にパントリーがある場合は、買い物から帰宅してすぐパントリーに荷物を収納できますし、ゴミ出しもスムーズにできます。

パントリーの広さも重要です。
物を出し入れする際に支障が出ないよう適度な広さに設計しましょう。

□まとめ

本記事は、神戸市で注文住宅をお考えの方に、パントリーが持つメリットと設置の注意点をご説明しました。
当社では、お客様が生活を楽しめる家づくりを提供しています。
家づくりのご依頼はもちろん、土地探しのご要望や住宅ローンのご相談の際も、当社までお気軽にお問い合わせください。

家づくりのこと 」のおすすめ記事

PAGE TOP