vol230 神戸で注文住宅を建てられる方必見!ガレージを作るうえでのポイントとは

「注文住宅を建てようと考えているが、どのようなガレージにすれば良いのか分からない。」
「ガレージを作るうえで、押さえておくべきポイントってあるの?」
このようなお悩みや疑問を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか?
注文住宅を建てる際に、多くの方が駐車スペースを作ります。
そこで、最近人気が高まっているのがガレージです。
ガレージは雨風から車を守ってくれるだけでなく、乗り降りもしやすいです。
しかし、ガレージを作ると言っても、どのような設計にしたら良いのか分からない方が多いと思います。
そこで今回は、ガレージを作るうえでのポイントについて紹介します!

□ガレージを作るうえでのポイント

*寸法

ガレージを作る際、寸法は非常に重要です。
乗降スペースを考えると、幅3メートル、奥行き6メートルあれば、ほとんどの車は駐車可能です。
しかし、ご自身が所有している車の大きさを把握し、それに合った広さにする必要があります。
そのため、建設業者の方と話し合って寸法を決めるようにしましょう。

*シャッターの種類

シャッターには大きく分けて、オーバースライダー式と巻き上げ式があります。
どちらの種類にもそれぞれのメリットがあるため、事前にどのような機能があるか確認しておくことが必要です。
また、シャッターの素材にはアルミやスチールなどの種類があるため、どの素材を使用するか決めなければいけません。

*天井の高さ

天井の高さは、最低でも2.5メートル必要です。
その理由は、オーバースライダー式を利用した場合に、天井にシャッターを収納するスペースが必要になるからです。
また、下がり壁の設置にもスペースが必要なため、確実にスペースを確保しておくようにしましょう。

*照明

意外と知られていませんが、照明もガレージを作る際には重要なポイントです。
ガレージでは何かと作業をするため、一定の明るさが必要です。
そのため、ガレージ全体が明るい状態に保たれるような場所に、照明を設置するようにしましょう。

□まとめ

今回は、ガレージを作るうえでのポイントについて紹介しました。
このように、いくつかのポイントを押さえるだけで、快適で実用性のあるガレージを作れます。
もしこれから、注文住宅を建てられるようでしたら、今回の記事を参考にして、ガレージの作り方を検討してみてください。
また、神戸で注文住宅を建てようと考えている方で、ご不明な点やお悩みがございましたら、ぜひ一度当社までお気軽にご相談ください。
注文住宅に詳しいスタッフが皆様のお問い合わせを心よりお持ちしております。

家づくりのこと 」のおすすめ記事

PAGE TOP