vol234 神戸で注文住宅を建てられる方必見!注文住宅の契約までの流れをご紹介!

「注文住宅を建てたいが、注文住宅に関する知識が少ない。」
「注文住宅の契約までの流れって決まっているの?」
こんなお悩みや疑問を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか?
多くの方にとって注文住宅を建てることは、人生で一度しかない経験です。
そのため、注文住宅に関する知識が少なくて困るのも当然です。
そんなとき、注文住宅の契約までの流れをしっかり理解できていれば、契約の際にそれほど心配する必要がありません。
しかし、契約までの流れと言われても、あまりイメージが湧きませんよね。
そこで今回は、注文住宅の契約までの流れについて紹介します!

□注文住宅の契約までの流れとは

*資金計画を立てる

最初に行うべきことは、購入する土地を選定したうえで資金計画を立てることです。
これにより、大まかな費用がイメージでき、ご自身の収入や貯金と照らし合わせられます。
また、資金計画によってローンの組み方や契約内容も大きく変わるため、余裕を持った明確な計画が必要です。

*建設業者の選定

次に行うのが、建設業者の選定です。
建設業者はたくさんありますが、それぞれの特徴は違います。
そのため、自分が納得のできる業者を選び、より多くの話し合いをすることが必要です。
また、建設業者は契約に関するアドバイスもくれるので、早めに選定するように心がけましょう。

*ローンの事前審査

建設業者が決めれば、打ち合わせで住宅の構造や費用も決まります。
そのタイミングで行うのが、ローンの事前審査です。
ローンが組めないと契約もできないので、金融機関に事前審査を申し込み、ローンを組めるようにしましょう。
しかし、事前審査は時間がかかることがあるので、早めの準備が必要です。

*契約

以上の3つの段階を完了させると、契約の締結を行います。
契約は、建設業者から見積書と本設計をもらってから取り交わします。
また、契約では後からトラブルにならないように、細かいところまで確認するようにしましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅の契約までの流れについて紹介しました。
このように、いくつかのポイントを押さえておくだけで、契約までの流れは簡単に把握できます。
もしこれから、注文住宅を建てられるようでしたら、今回の記事を参考にして、契約までの準備を進めてみてください。
また、神戸で注文住宅を建てようと考えている方で、ご不明な点やお悩みがございましたら、ぜひ一度当社までお気軽にご相談ください。
注文住宅に詳しいスタッフが皆様のお問い合わせを心よりお持ちしております。

家づくりのこと 」のおすすめ記事

PAGE TOP