vol315神戸で注文住宅をご検討中の方へ!間取りで後悔しないためのポイントを解説します!

注文住宅で一番頭を悩まされることといったら間取りの設計ではないでしょうか。
要望が反映されやすい注文住宅ですが、住宅を購入するのが初めての方にとっては何が正解なのかと不安になってしまいますよね。
そこで今回は神戸市で注文住宅をご検討中の方に後悔しないための間取りについてご紹介します。

□間取りで後悔することが多いポイントとは

住み始めてから不便を感じたり、想像していたイメージとは違ったりなんてことがあったらがっくりですよね。
間取りで失敗をしないためにも注文住宅を建てたことのある先輩の失敗例から学ぶことが賢明です。
今回はその中でも代表的なポイントを2つご紹介します。

*部屋の広さ

決められた敷地の中に建てられた注文住宅では部屋のスペースの配分が非常に重要です。
広さのバランスを間違えてしまうとせっかくの広い家が手狭に感じるだけでなく、機能性を失うこともありえるでしょう。

*家具や家電の置き場所

また、注文住宅の設計の段階では考えを巡らせにくい家具や家電の置き場所も要注意です。
具体的な失敗例としては、十分な広さをとっていたはずの寝室がテレビとベッドを置いたら、歩けるスペースがほとんどなくなってしまったことが挙げられます。
部屋の用途とそこに置くものまで考えられるとベストですね。

□間取りのトラブルを防ぐための方法とは

これまで言及してきたトラブル以外にも様々なトラブルがあります。
その中でも間取りのトラブルは、時に「ゆっくり寝られない。」「水の音がうるさい。」と大きなストレスに繋がります。
防ぐにはどうしたらよいのでしょうか。

様々な方法がありますが、一般的なのは水回りの設備を中心に考える方法です。

キッチンやトイレ、浴室といった設備は生活に欠かせませんよね。
だからこそ、こうした設備の排水音や配管の動線にはより一層気を配る必要があります。
これを全く考慮しないで間取りを考えてしまうと、トイレを流す音で夜中に目を覚ましてしまったり、配管工事の費用が高くついてしまったりするからです。

つまり、こうした設備の間取りを優先的に考えることで家事動線が効率的になると同時に、思わぬトラブルを防げます。

お客様のライフスタイルに合った間取り設計をすることが1番大切です。
デザイン性だけでなく、実用性もしっかりと考えておきましょう。

□まとめ

今回は神戸市で注文住宅の建設をお考えの方に後悔しない間取りの設計方法をご紹介しました。
部屋の広さは図面だけで確認してもわかりづらいものです。
ご自身が現在お住まいの家で間取りを比較してみたり、ハウスメーカーの人に尋ねてみたりしても有効的です。

家づくりのこと 」のおすすめ記事

PAGE TOP