注文住宅の耐震性でお悩みの方必見!神戸の専門家が解説します!

神戸で注文住宅をお考えの方にぜひ知っていただきたいのが、耐震性です。
耐震と免震の違いをしっかり把握しておくことは重要です。
そこで今回は、耐震と免震の違いと耐震の特徴を詳しく紹介します。

□耐震と免震の違いとは

地震から住宅を守る方法に耐震と免震が挙げられます。
この2つは意味が同じだと思っている方も多いでしょう。
ここでは耐震と免震の違いを紹介します。

まず耐震とは、地震に建物が耐えるために施される性能です。
建物を固定するために土台を作るのが特徴的です。
それにより地震による揺れに対抗します。

次は免震です。
免震は、衝撃を逃がす性能があります。
耐震とは反対に土台は固めず、地面と建物の間に免震装置を設置します。
それにより、直接揺れが伝わるのを防ぎます。

□耐震のメリットとデメリットを紹介します!

*耐震のメリットとは

ここでは耐震のメリットを3つ詳しく紹介します。
1つ目は、費用を安く済ませられることです。
地震対策には耐震以外に免震や制震があります。

免震や制震は設置するのに数十万円から数百万円ほどかかってしまいます。
しかし耐震ならこれら2つの性能より費用を抑えられます。
また工期が短いことも良い点と言えるでしょう。

2つ目は、台風や強風の影響を軽減できることです。
自然災害は時に大きなダメージとなりますよね。
地震以外にも台風は恐ろしい災害の1つです。
耐震性能があることで台風や強風による揺れを減らしてくれます。

3つ目は、住宅設計の自由度が広がることです。
例えば免震性能を取り入れる場合は、地下室は設置できません。
しかし耐震性能は、このような設置制限がないので、自由に住宅の設計ができるでしょう。

*耐震のデメリットとは

ここでは耐震のデメリットを2つ紹介します。
まずは、地震により住宅が損傷する可能性があることです。
耐震は地震の揺れが直接伝わるためダメージを受けやすいです。
そのため倒壊は防げてもひびが入ったり、ダメージが積み重なったりする可能性があります。

また、地震発生時に家具が倒れやすいことです。
地震が強いと家具が倒れることがありますよね。
それにより住人が怪我をするかもしれないので、気を付けましょう。

□まとめ

今回は神戸で注文住宅をお考えの方に、耐震と免震の違いと耐震の特徴を詳しく紹介しました。
耐震と免震の違いをしっかり押さえることは重要です。
また耐震性のメリットとデメリットを把握しておくとより良いでしょう。
注文住宅をお考えの方で疑問点やご質問がありましたら、お気軽にご連絡ください。

家づくりのこと 」のおすすめ記事

  1. 事務所DIY2
PAGE TOP