vol.140 冬の風物詩

寒い日が続きますがコタツに入って出れないっなんていう方多くないですか?
コタツで温まりながらミカンを食べる姿はこのシーズンの風物詩みたいなものですね。

そんなミカンの皮を捨てる前に再利用できないものかと考えたことはありませんか?

ミカンなどの柑橘類の外皮はマーマレードの材料など料理に活用される方も多いとは思いますが、
我々のような住まい・暮らしをご提供する立場としては、下記のような事を日頃お話させて頂いています。

① 消臭剤
ミカンの皮を乾燥させてガーゼなどに入れて臭いの気になる所や靴の中に入れておくことで
消臭効果を発揮してくれます
② 入浴剤
天日干しをしてカラカラになるまで乾かして下さい。
これを入浴剤代わりに使うとクエン酸効果でお肌がツルツルになって体も温まります。
そのまま湯船に入れてしまうと皮が崩れてしまうのでこれもガーゼなどに入れる事をお勧めします。
乾燥があまいと肌に刺激を感じる方もいらっしゃると思いますのでしっかり乾燥させて下さいね。
③ 畳の黄ばみ落とし
リモネンという成分が汚れを落とす効果があります。
皮を鍋に入れて10分ほど沸騰させて冷やしたものを乾いた雑巾に吹き付けて畳を拭くと、
畳の汚れを落とすだけでなく、つやを出したり黄ばみにも効果があります。

ぜひ、お試しください!!

\ Please follow me ! /

公式アカウント

       

Instagram関連アカウント

       

 

STAFFの独り言 」のおすすめ記事

PAGE TOP