vol.205 国土交通白書が示す未来の住宅

国土交通省は7月2日に2019年版国土交通白書を公表しました。
これからの生活空間のあり方を分析し、新しい時代の施策の方向性を示しています。

未来の住宅に望むこととして、「自分の好みで変えられる」ことや「伝統・自然と快適さ」「AI/IoTで快適」に暮らせることを支持する意見が多かった調査結果などを紹介し、
リノベーションや新しい技術(AI等)の活用を通じ、居住者の感性(美意識)がより反映される「住空間」の創出が必要だとしています。

WHALEHOUSEでは
・真の耐震住宅(全棟構造計算)
・メンテナンスしやすく長持ちする住宅(全棟長期優良住宅申請許可)
・快適な住空間(Ua値とC値の社内基準値を設けた高断熱・高気密性能と計画換気)
の他に、スケルトンインフィルという考え方の訴求に努めています。
これは正に未来の住宅に望む”自分の好みで変えられる”に寄り添う考え方だと思います。

新しい時代に求められる「豊かな生活空間」として、
日本人の感性(美意識)を今以上に取り込むべきと考える人の割合がすべての年代で約8割であることや、
将来住んでみたい街の特徴として、「きめ細やかな配慮がある」「自然・歴史・伝統を感じる」ことを希望する人が約8割に達していたことなども紹介しています。
ぜひご関心お持ちの方は一読してみてはいかがでしょうか??

2019年版国土交通白書👈

 

家づくりのこと 」のおすすめ記事

PAGE TOP