vol332神戸で家の購入をご検討中の方へ!間取りを考えるには冷蔵庫の位置がポイント?

注文住宅の購入をご検討されているみなさんは、冷蔵庫の配置はお決まりでしょうか。
普段、何気なく使っている冷蔵庫ですが、冷蔵庫の配置がキッチン使用時の満足度を大きく左右することは意外と知られていません。
今回はそんな注文住宅の間取りにおいて、重要アイテムである冷蔵庫のキッチン内での配置について紹介します。

□間取りを有効に使う冷蔵庫の配置について

まず使いやすいキッチンの間取りを考えるにあたって、基本的な冷蔵庫の配置は入り口付近です。
これはキッチンで調理をする人とキッチンにものを取りに来る人が、お互いを邪魔せずスムーズに動けるようにするためです。

もし冷蔵庫が奥にあったら、キッチン外の人はものを取りにくくなるし、キッチン内にいる人も作業中に周りで誰かが別のことをしていたら邪魔に感じるかもしれませんよね。

しかし、あえて冷蔵庫を奥に配置することで家電を目立たせたくもすることもあります。
こうすることでキッチン外から冷蔵庫が見えなくなり、キッチンの外観がスッキリすることにつながります。
しかし、上記の通りキッチン内が混雑する可能性が高まるというデメリットがあります。

よって特に強いこだわりがない場合は、キッチンの入り口付近に冷蔵庫を配置するのが基本でしょう。

□冷蔵庫を置く際の注意点について

冷蔵庫のキッチン内の配置を決める際の注意点は、大きく2つあります。

*キッチン内の動線を考えること

キッチン内の動線を考えることは、キッチン内で人がどのように行動するか予想を立てることです。
この動線をしっかり意識したレイアウトにすることにより、キッチン内で無駄なく動けるようになり、あまり時間をかけずに効率よく作業を行えるようになるでしょう。

具体的な調理の流れをイメージして、どのような配置にすればその一連の動きをスムーズに行えるか考えながらレイアウトしましょう。

*冷蔵庫のサイズや扉の開き方を考えること

冷蔵庫のサイズと扉の開き方を考慮することも、使い勝手の良いキッチンを作るためには必要です。

キッチンのサイズに見合った大きさの冷蔵庫を購入することが、バランスのとれた外観につながります。
また、冷蔵庫の扉の開き方によっては、キッチンの角など特定の場所に配置した時に十分に扉が開かない、あるいは物を取り出しにくくなります。

冷蔵庫のサイズと扉の開閉方向も、冷蔵庫のキッチン内での配置を決定する際に重要でしょう。

□まとめ

今回は、キッチン内での冷蔵庫の配置についての注意事項を紹介しました。
冷蔵庫は大きな家電で存在感があり、使用頻度も高いです。
しっかりと考えられたキッチンレイアウトにすることでより快適な生活を送れるようになるはずです。
注文住宅購入をご検討の際は、ぜひ当社までご連絡ください。

家づくりのこと 」のおすすめ記事

PAGE TOP