vol435神戸で注文住宅をご検討中の方に向けて!吹き抜けのメリットとデメリットをご紹介!

神戸で注文住宅をお考えの方にぜひ知っていただきたいのが、吹き抜けです。
吹き抜けは、その開放感から取り入れたいと考える方も多いでしょう。
この記事では、住まいに吹き抜けを取り入れるメリットとデメリットをご紹介します。
ぜひお役立てください。

□住まいに吹き抜けを取り入れるメリットは?

吹き抜けには、どのようなメリットがあるのでしょうか。
ここでは、そのメリットを3つご紹介します。

1つ目は、明るい住まいになる点です。
吹き抜けのある住まいでは、2階の壁に窓を設けるのが一般的です。
この場合、本来であれば床がある位置がオープンになるため、自然の光が取り込みやすくなります。
また、太陽の光が部屋の奥や1階に届くため、室内全体が明るくなるでしょう。

2つ目は、開放的で広く感じる点です。
吹き抜けのある住まいでは、最上階にしかありません。
そのため、各部屋を壁で仕切っている一般的な住まいに比べて壁が少なくなり、広々とした開放感を感じられるでしょう。

3つ目は、住まいのデザイン性が高くなる点です。
吹き抜けを取り入れると、住まいの中がオシャレに見えます。
また、広々とした空間は自由に使えるため、照明やカーテンを自分好みに取り付けられます。

□吹き抜けを取り入れるデメリットについて紹介!

吹き抜けには、メリットだけでなくデメリットもあります。
ここでは、そのデメリットを2つご紹介します。

1つ目は、2階のスペースが削られてしまう点です。
住まいを建てる際に吹き抜けを作れば、当然2階の部屋数が少なくなります。
また、吹き抜けを作る分、収納スペースも少なくなってしまいます。

2つ目は、掃除が大変になってしまう点です。
吹き抜けを作る際に見落としがちな点として、掃除の大変さが挙げられます。
特に大変なのが、外側の窓の掃除です。
外側の窓は、ホコリや砂によってどうしても汚れが目立ってしまいます。

しかし、吹き抜けを取り入れた場合、高い位置にある窓を簡単に掃除できません。
そのため、しっかりと掃除したい場合は専門会社に依頼することになるでしょう。
この他にも、掃除が大変な場所として天井や天窓が挙げられます。

□まとめ

今回は、住まいに吹き抜けを取り入れるメリットとデメリットをご紹介しました。
メリットとデメリットの両方を知った上で、納得のいく注文住宅を実現しましょう。
注文住宅をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。
何かお困りのことがございましたら、お気軽に当社までお問い合わせください。

家づくりのこと 」のおすすめ記事

PAGE TOP