vol501 注文住宅をお考えの方必見!夏は涼しく冬は暖かい家にする工夫をご紹介!

「夏は涼しく冬は暖かい住宅に住みたい」
「どんな工夫をすれば快適な住宅になるのか知りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。

そこで今回は、夏は涼しく、冬は暖かい住宅にするための工夫と快適な住宅、ZEH住宅をご紹介します。

新たに住宅を建てる方はぜひ参考にしてみてください。

□夏は涼しく、冬は暖かい住宅にするための2要素とは

夏は涼しく、冬は暖かい住宅にするためには、以下の2要素を含んだ住宅を建てるようにしましょう。

1つ目は、断熱化してある住宅です。

冬、暖房していても暖かくならない原因の中で割合が高いのが窓です。
暖かくならない原因の40~50パーセントは、窓であると言われています。

そこで、暖房の効きを良くするために行うのが断熱化です。
窓を断熱加工されたものにし、外壁の外と内の間に断熱材を入れて住宅の断熱性を高めます。

2つ目は、気密化してある住宅です。

気密性が低い住宅であると、せっかく快適な温度にした空気も外にもれたり、外の空気が侵入してきたり、冷暖房効率が下がります。

日頃は気づかない床と壁の間、コンセントの取り付け場所から隙間風が吹いて、室温のロスに繋がってしまいます。

気密化をしてある住宅だと、これらの隙間風の心配がいりません。
室温ロスが大きく減るでしょう。

 

□快適な住宅の究極バージョンと言える住宅とは

快適な住宅とはなにかを上でご紹介したところで、以下でご紹介したいのが、快適な住宅の究極バージョンであるZEHの住宅です。

ZEHの住宅は無垢と漆喰でつくられ、夏は涼しく冬は暖かい住宅となります。

また、省エネも実現し、自宅で使用する電力までも補えます。
体にも財布にも優しい住宅と言えるでしょう。

そんな快適なZEH住宅を建てるには、国からZEHホルダーと認定された工務店、もしくは建築事務所などで建ててもらう必要があります。

当社ではZEH住宅を建てられます。
快適な住宅を求めている方はぜひ当社にお任せください。

また、2016年度からZEHビルダーが建てる、ZEHの基準を満たす住宅が補助交付金制度を利用できるようになりました。
補助金も受けられるので、ぜひZEH住宅を建てましょう。

□まとめ

夏は涼しく、冬は暖かい住宅にするための工夫と快適な住宅の究極バージョンと言える住宅をご紹介しましたがいかがだったでしょうか。

この記事がお客様の満足のいく家づくりの手助けになれば幸いです。
また、この記事についてなにかご不明の点があればお気軽にご相談ください。

家づくりのこと 」のおすすめ記事

  1. 日照シミュレーション
PAGE TOP