vol505 地震に強い間取りと強い地震が起きたら危険な間取りの特徴を解説します!

ご自身が住まわれている家が地震に強いかどうか気になる方は多いのではないでしょうか。
実は、地震に強い家にも弱い家にも、それぞれに特徴があります。
そこで今回は、地震に強い家の間取りについて紹介します。
ぜひ参加にしてみてくださいね。

□地震に強い間取りとは?

地震に強い家の間取りには、いくつかの共通した特徴があります。

1つ目の特徴としては、壁が多いことです。
在来の工法では壁に耐力壁と呼ばれる壁が採用されていて、この耐力壁が地震に対して強さを発揮します。
そのため壁の多い家であるほど、耐力壁が多いということになるため、地震に対して強いという図式です。

一方で、リビングに大きな窓がある家や、吹き抜けがあるような大きなワンルームを抱える家は、壁が少ないため地震に注意が必要となります。

しかし、耐力壁があればあるほど地震に強いということはありません。
家のバランスも非常に重要となります。

例として、家の東側には壁が少なくて家の西側にだけ壁が多い家や、ビルトインガレージのような1階部分に車庫があるようなバランスの悪い家は地震に弱いです。
これは、地震が起きたときに家の壁や柱にかかる力が歪になってしまうからです。
そのため、家具や家電のような重いものをうまく配置するなど、部屋の使い方を工夫することでバランスを改善させましょう。

他にも、家の間取りが地震に強いか確かめるため建築物に良く使われる構造計算という計算を使って、ご自身が住まわれている建物が地震に対して強いかどうか確かめるのもおすすめです。

 

□強い地震に注意すべき間取りの特徴とは

強い地震に注意すべき間取りの1つ目の特徴は、家のバランスが悪い家です。
先ほども紹介した通り、角に壁がうまく配置されているようなバランスの良い家は地震に強いですが、角の近くに窓があると、その分だけ壁が減ってしまってバランスが悪くなってしまいます。

また、入り口が狭いかわりに奥行きが長いような壁の長さに差のある家も強い地震には要注意です。
他にも、強い地震に注意すべき間取りの特徴として、家の形が複雑なことや、大きな部屋があることが挙げられます。

□まとめ

今回は、地震に強い家の間取りを中心に紹介しましたが、いかがでしたか。
実際に住宅を購入する前に、地震に強い間取りかどうかをしっかりと検討するようにしましょう。
ご自身が住まわれている家が地震に強いかどうか気になる方は、この記事を参考にしていただけたら幸いです。

家づくりのこと 」のおすすめ記事

PAGE TOP