vol221おしゃれな内装にしたい人必見!神戸の注文住宅業者が教える3つのポイント

「マイホームをおしゃれにしたい!」
「おしゃれな内装にするポイントを教えて!」

マイホームはずっと住み続ける大切な場所ですよね。
だからこそ、おしゃれで気持ちのよい空間にしたいと思う人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、神戸の注文住宅の専門家がおしゃれな内装の作り方やポイントについてご紹介します。

□内装をおしゃれに見せる3つのポイント!

*ポイント1:配色

壁や床、ドアなどデザインの上で色を決定する機会はたくさんあります。
それぞれの関係を考えずに各々好きな色を選んでしまったら、統一感がないという失敗に繋がります。
そのような失敗を避けるためにも、配色に統一感を持たせましょう。

・似ている色を使う
暖色、寒色、中性色といった類似色を意識した配色にしましょう。
また、同じブラウンでも「ダーク」「ライト」「アッシュ」などのタイプがあります。
同系色を使い分けるのも大切です。
さらに、同トーンの配色を意識してもおしゃれな空間を作れます。

・色の濃さを変える
床を明るい色にして、濃い色の家具を置けば、上品な空間になります。
また、床と似ている色の家具を置けば、空間が広く感じられます。
床や壁だけでなく、家具も含めて色の濃さを使い分けましょう。

・テーマを決める
白い床に薄ピンクや水色の壁なら子供部屋に合いそうですよね。
濃いブラウンの床なら大人のイメージを持つでしょう。
このように、部屋のテーマに合わせて内装を決めるとより統一感が増します。

  

*ポイント2:照明

一般に家庭で使われているのは、「シーリングライト」というものです。
部屋全体を明るくする機能を持ちますが、おしゃれ空間よりかは機能性を重視したものです。
そのため、ダウンライトや間接照明を上手く使うようにしましょう。
これらの照明器具によって、光の当たり具合にメリハリが生まれます。

*ポイント3:間取り

機能的な間取りを作ることで、空間をさらにおしゃれにします。
その中でも特に必要なのが、「収納」と「コンセント」です。

・適材適所に収納を設ける
生活を始めると、日常生活のためのモノで家がいっぱいになります。
せっかくおしゃれな空間を作っても、部屋にモノがあふれていては、おしゃれが台無しです。
そこで、適材適所に収納を作ることを意識しましょう。
見せる場所は見せ、隠す場所は隠す工夫が必要です。

 

・適切なコンセントの数と位置を確認する
よくある内装の失敗事例は、コンセントが足りなくなることです。
おしゃれな家電を買ったのに、延長コードが見えていては恥ずかしいですよね。
そうならないためにも、今どのくらいのコンセントをどこで使っているのかを把握するようにしましょう。

 

□まとめ

今回は、マイホームの内装をおしゃれにする際の3ポイントについて解説しました。
ぜひこの記事を参考に、自分のイメージに合ったデザイン設計をしてくださいね。
また当社では、神戸市を中心に注文住宅のデザイン・設計を行っております。
デザインにこだわった注文住宅は、当社にお任せください。
個別相談やイベントを随時行っており、当社の専門家がお客様に合わせて最適なプランをご提案いたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。

家づくりのこと 」のおすすめ記事

PAGE TOP