vol219 モダンで海外風な内装にするには?神戸の注文住宅業者が解説します!

「海外みたいなおしゃれなマイホームにしたい!」
「モダンな内装にしたい!」

一生住み続けるマイホームがおしゃれな空間だったら、気持ちも爽快で心地よいですよね。
海外の住宅のようなモダンでおしゃれな家にしたいと思う人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、神戸の専門家がモダンで海外風な内装の例やポイントをご紹介します。

□モダンな内装とは?

*白を基調とした内装

海外のモダン調な内装と言えば、真っ白に統一された部屋をイメージする人が多いのではないでしょうか。
床も壁も白に統一された空間はおしゃれそのものです。
白だけではシンプルすぎる、という人はグレーを使った場所を設けるとアクセントが付きます。

*黒ならかっこよさがアップ

高級感を出したい人、かっこいい雰囲気を出したい人は、黒を基調にした部屋にするのがおすすめです。
全体を黒くすれば、暗い印象になってしまうでしょう。
しかし、例えばオープンキッチンの壁だけ黒くすれば、一気に空間が引き締まります。

□注意すべき3つのポイント

海外風にする上で、注意すべきポイントを3つにまとめました。
それぞれ確認して、失敗のないようにしましょう。

*ポイント1:トータルな内装プランニング

内装を考えるとき、内装工事と家具を一緒に考えるようにしましょう。
そうすることで、ミスマッチを防ぐだけでなく、空間に統一感が生まれます。
例えば、気になる家具を事前に集めておくようにしましょう。
壁紙や床の色を決める際に、家具と合うか照らし合わせられます。
さらに内装業者に家具の候補を見せれば、その家具のイメージに合った部屋の内装を提案してくれます。

*ポイント2:サイズ感に注意

海外製品の家具を置きたいと考えている場合、サイズを確認するようにしましょう。
なぜなら、日本の一般的な家のサイズではなく、海外の広い家のサイズが基準になって作られているからです。
大きめの家具を置く前提で、内装の設計をしましょう。

*ポイント3:海外製の壁紙は使いすぎに注意

壁紙を海外風のおしゃれなものにしたい場合、使いに注意が必要です。
なぜなら、全体に使ってしまうと、少し大胆すぎるように感じることがあるからです。
その場合は、壁の一部に使用するなどの工夫をしましょう。

□まとめ

今回は、モダンで海外風なマイホームの内装事例やポイントについて解説しました。
ぜひこの記事を参考に、おしゃれな内装を実現させてくださいね。
また当社では、神戸市を中心に注文住宅のデザイン・設計を行っております。
洋風デザインにこだわった注文住宅は、当社にお任せください。
個別相談やイベントを随時行っており、当社の専門家がお客様に合わせて最適なプランをご提案いたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。

家づくりのこと 」のおすすめ記事

PAGE TOP