vol376注文住宅における間取りの決め方とは?神戸の専門家が解説します!

「神戸で注文住宅を建てたい」
「注文住宅の間取りで悩んでいる。」
このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。
今回は、注文住宅における間取りの決め方を紹介します。

□間取りで重視すべきポイントとは

注文住宅を建てる際は、玄関やトイレ、リビングといった様々な場所について自分で決められます。
特に、その中でも以下のポイントを重視して間取りを決定することがおすすめです。

*収納

注文住宅では、家族の趣味や子供の数に合わせた収納を設置できます。
皆さんは家の収納が足りなかったり、収納の形が合わなかったりした経験はありませんか。
新しい家ではキッチンに大きなパントリーを設置したり、玄関にカバンやベビーカーの収納を意識して、大きなシューズボックスを設置してはいかがでしょうか。

*動線

部屋の形や大きさだけでなく、部屋の位置にも注意しましょう。
部屋の位置を考える際に、動線を意識すれば暮らしやすい家が作れます。
また、家事動線も家事を効率的に行うためには大切な要素です。
家事を行う負担や効率についてしっかり考えられた家にしましょう。

*プライベートな空間の充実

寝室や書斎、趣味の部屋といったプライベートな時間を過ごせる空間は重要です。
家で仕事をする機会がある方は特に、書斎に憧れがあるのではないでしょうか。
また、広い寝室の大きなベッドを設置したいと考える方も多くいらっしゃると思います。
このように、あらかじめ部屋数や部屋の広さが決まっている場合に諦めてしまいそうなプライベートな空間にもこだわれるため、充実させてみましょう。

□注文住宅で失敗しやすいポイントとは

注文住宅で、コンセントの位置と数に失敗しやすいです。
それを防ぐには、「家電・電子機器をどこで使うか」をあらかじめ書き出しておくことが重要です。
コンセントの位置について検討する位置として、具体的には、スマホの充電用や掃除機のコンセント用、ダイニングテーブルでホットプレートやたこ焼き機を使用するため、といった用途が挙げられるでしょう。

特に、ホットプレートや掃除機に使用するコンセントは延長コードを使用するとかさばったり、つまづいたりする原因になるため、怪我や事故を防ぐためにもできるだけ壁面に設置しておきたいですよね。
設計の際に、家電や電子機器についてどこで何を使うかを検討しておきましょう。

□まとめ

今回は注文住宅における間取りの決め方や重視するポイントを紹介しました。
部屋やコンセントの位置についてしっかり検討して住みやすい家を作りましょう。

家づくりのこと 」のおすすめ記事

PAGE TOP