犬と暮らす家のリビングのポイントと注意点をご紹介!

快適で暮らしやすい家づくりがしたいとお考えの方の中には、犬と暮らす家のリビングをどうすればよいのか悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
本記事では、犬と暮らす家のリビングのポイントと犬と暮らす家のリビングの注意点についてご紹介します。

□犬と暮らす家のリビングのポイント

1:犬専用のエリアの確保

犬は社交的な動物なので、リビングにケージや小屋を配置することが適しています。
ただし、犬がくつろげる場所も提供することが重要です。
リビング内に犬専用のエリアを設けることで、犬が安心して休息できるだけでなく、留守中の不安や雷の時の避難場所としても活用できます。

犬の専用エリアを設ける際は、直射日光の当たらない風通しの良い場所を選びましょう。
また、犬は音に敏感なので、スピーカーやテレビから離れた場所がストレスが少なくおすすめです。

2:壁や床の保護対策

犬と一緒に生活する際も清潔なリビングを維持することが重要です。
犬は寝床を掘る習性があるため、前脚の爪で床や壁に傷がつくことがあります。

壁の保護には、剥がせる弱粘着性の保護シートが便利です。
汚れが溜まった際に簡単に交換できます。
床については丸洗い可能なマットレスを敷くと、傷つきにくく、食べ物をこぼした際も簡単に清潔に保てます。

一部の方はフローリングをそのまま使用することもありますが、犬が引っかかりやすい場所のないフローリングがおすすめです。
犬はジャンプや走り回ることが好きなので、足腰に負担のかからない床材を検討してください。

□犬と暮らす家のリビングの注意点

*感電対策が重要

1:電化製品への対策

愛犬が電気コードを噛んでしまわないよう、電気コードにはカバーを取り付けましょう。

2:コンセントの安全対策

コンセントにはキャップを挿し、穴をふさぐことで安全性が向上します。
キャップをテープで固定することで、より安全になります。
噛みそうな電化製品は、犬が届かない場所に配置するのがおすすめです。

3:しつけと安全なおもちゃ

家具やコード、家電を噛まないように犬にしつけを行い、同時に噛むことが許可されたおもちゃを提供し、危険なものを噛ませない習慣を養いましょう。

*愛犬にとって安全な家具を選ぼう

高い家具や家電は転倒すると危険です。
固定できるタイプを選んで、安全性を確保しましょう。

*床にものを置かず、ゴミ箱にはフタをしよう

1:誤飲・誤食を避ける工夫

愛犬が誤って食べ物や危険物に触れないよう、リビングには人間の食べ物や危険物を置かないようにしましょう。
ゴミ箱にはフタのあるものを選んで、ゴミ漁りを防ぎましょう。

2:特に注意が必要なアイテム

ティッシュペーパーやタオルなど、誤飲しやすいアイテムには特に留意し、ローテーブルの上に出しっぱなしになっていないか確認してください。
ケージから出す前にも確認が必要です。

□まとめ

犬と暮らす家のリビングのポイントとして、犬専用のエリアの確保、壁や床の保護対策が挙げられます。
また、犬と暮らす家のリビングの注意点として、感電対策や安全な家具の選出が必要です。
本記事が犬と暮らす家のリビングについて理解を深める参考になれば幸いです。

家づくりのこと 」のおすすめ記事

  1. 日照シミュレーション
PAGE TOP