vol250 神戸で注文住宅をお考えの方必見|玄関での失敗例

「神戸で注文住宅を購入したい」
とお考えの方はいらっしゃいませんか。
注文住宅でこだわりたい場所の一つに、玄関があります。
玄関は家の顔とも言われています。
せっかく注文住宅で家を建てるのだから、玄関で個性を出したいとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、玄関は好き勝手に決めてしまうと使いにくくなってしまうかもしれません。
失敗例を知ることで、玄関の失敗が少なくなります。
そこで今回は、神戸の方に向けて、注文住宅での玄関の失敗について紹介します。

□収納

玄関の失敗例で多いのが、収納です。
収納は玄関において重要な役割を果たします。
しかし、十分に考慮されないで収納の広さが決められることが多いです。
その結果、収納が足りなくなってしまいます。
注文住宅を建てる時の多くは、これからライフプランが変わる余地の残されている時です。
これからお子さんが生まれるかもしれませんし、アウトドアの趣味が増えるかもしれません。
そうしたライフプランの変化は、玄関の収納を圧迫します。
そのため今玄関の収納が十分だと思っていても、収納は広めにとることを心がけましょう。

□照明

玄関の失敗例で見逃されがちなことが、照明です。
玄関は靴やアウトドア用品を収納するだけでなく、お客さんとの会話をする場所でもあります。
そのため、照明も玄関において重要な役割を果たします。

 

*位置

照明は人の後ろに位置すると逆光になり、人の顔を暗く見せてしまいます。
そのため、照明の配置は人と人の間になるようにするといいです。
玄関で立ち話をする場合の多くが、玄関の境目を挟んで向かい合います。
そのため、玄関の境目部分の真上に照明が来るように配置すれば間違いがありません。

*間接照明

間接照明もおすすめです。
間接照明であれば、光量を調節したり場所を変えたりできます。
また、間接照明があれば部屋がおしゃれになります。

□まとめ

今回は、注文住宅での玄関の失敗について紹介しました。
玄関で失敗しないよう、十分に対策し注文住宅を購入しましょう。
注文住宅の購入をお考えの際は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。
また、当社では神戸を中心に、注文住宅の企画、デザイン、設計を行っております。
多世帯住宅や耐震住宅など、さまざまな住宅スタイルに対応しています。
モデルハウスもご用意していますので、見学や体験も随時受付しております。
注文住宅の企画、デザイン、設計をお考えの際は、ぜひ当社もお考えください。

家づくりのこと 」のおすすめ記事

PAGE TOP