vol255 神戸の注文住宅の失敗例|お風呂について紹介

「神戸で注文住宅を購入しよう」
とお考えの方はいらっしゃいませんか。
注文住宅でこだわりたい場所の一つに、お風呂があります。
お風呂は、生活の癒しの一つです。
せっかく家を建てるのだから、お風呂で失敗したくはありません。
しかし、お風呂はどのように決めれば良いのでしょうか。
そこで今回は、注文住宅のお風呂の失敗について紹介します。

□広さ

お風呂の失敗例で多いのが、広さです。
せっかく注文住宅で家を建てるなら、お風呂は広くしたいです。
しかし、リビングやキッチンの間取りを優先するあまりお風呂のスペースが狭くなる場合があります。
お風呂は後回しになってしまいがちです。
そのため、間取りを決める際に先にお風呂のスペースを確保しておきましょう。

□掃除のしやすさ

注文住宅には、これから長く住み続けます。
長く住むならば、お風呂掃除のしやすさは大切です。
機能や広さに気を取られてしまうと、掃除のしやすさが蔑ろにされてしまう場合があります。

*カビ対策

まずは、カビ対策です。
お風呂はどうしても湿気が溜まってしまい、カビが発生しやすいです。
お風呂そのものの機能や広さ以外にも、カビ対策も考慮に入れお風呂の設計を考えましょう。

*掃除

次に、掃除のしやすさです。
お風呂の掃除は大変です。
そのため、手を抜いてしまうこともあるかもしれません。
そうすると、すぐにと汚れが溜まってしまいます。
最近では、掃除のしやすい床材や壁もあります。

□オプション

お風呂の失敗で意外に多いのが、オプションでの失敗です。
カタログには、さまざまなオプションが載っています。
カタログを見ていると、どのオプションも魅力的に見えてしまいます。
しかし、実際につけてみると案外使わないオプションも多くあります。
また、使いすぎてしまうことも問題です。
テレビのオプションなどは長風呂の原因になり、電気代やガス代がかさんでしまいます。
一見魅力的なオプションも、本当に必要かをしっかり見極めましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅のお風呂の失敗について紹介しました。
お風呂には意外に多くの失敗パターンがありました。
注文住宅の購入をお考えの際は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。
また、当社では神戸を中心に、注文住宅の企画、デザイン、設計を行っております。
多世帯住宅や耐震住宅など、さまざまな住宅スタイルに対応しています。
モデルハウスもご用意していますので、見学や体験も随時受付しております。
注文住宅の企画、デザイン、設計をお考えの際は、ぜひ当社もお考えください。

家づくりのこと 」のおすすめ記事

PAGE TOP