vol238 神戸で注文住宅を考えている人へ!内装の決め方のポイントは?

「注文住宅を買いたいけれど、内装はどうやって決めようかな?」
「内装にはどんな種類があるのかを知りたい!」
このように、注文住宅の内装を決めるポイントについて知りたいと考える人が多くいらっしゃると思います。
しかし、内装にはさまざまな種類があって迷いますよね。
今回は、注文住宅を購入するときに押さえておきたい内装のポイントと人気の種類について紹介します。

□デザインごとの内装の特徴を知る

内装にはさまざまな種類があり、それぞれに特徴があります。
内装ごとのイメージを抱くことができれば、どの内装が自分のライフスタイルに合っているのかがわかります。

□内装イメージを決める4要素を知る

内装の印象を決めるものには4要素があります。

*素材

素材には、木や土のような自然素材、プラスチックのような人工素材、布のような柔らかい素材、石のような固い素材があります。
自然素材か人工素材の違いや固さの違いによって印象は大きく変わります。

  

*質感

同じ素材であっても仕上げ方や質の違いで印象が変わります。
例えば、木を素材として使う場合、ゴツゴツしているものと滑らかなものではイメージが大きく変わりますよね。

  

*形

家具や照明、柄には形があります。
直線か曲線か、太いか細いか、大きいか小さいかなどによって印象を変えます。

  

*色

色の種類によっても雰囲気は変わりますが、明度や彩度によっても変わります。

 

□人気の内装を紹介

*ナチュラル

自然のぬくもりを感じる内装です。
自然素材を多く使っており、木の節や木目を感じられる床や温もりを感じられる塗り壁が特徴的です。
柱や梁の構造材を見せるつくりにもなっており、安心感が得られます。

*モダン

色数を抑えた直線的でシャープな内装です。
スタイリッシュな生活を送りたい人におすすめです。
ガラスやクロムのような無機質な素材を使っており、都会的な空間を生み出します。
壁紙を変えて自分好みのモダンにも変えられます。
また、家具も合わせやすいため飽きにくいです。

*和モダン

和の落ち着いた雰囲気が好きな方におすすめです。
格子や障子を建具に、壁には塗り壁や和紙クロスといった素材感のあるものが使われます。
畳を縁なしにするとよりモダンな印象を与えます。
木の味わいがよく、懐かしさを感じる空間を作れます。

□まとめ

今回は、注文住宅を購入するときに押さえておきたい内装のポイントと人気の種類について紹介しました。
ぜひこの記事を参考に、内装を決めてみてはいかがでしょうか。
また、神戸で注文住宅を建てようと考えている方で、ご不明な点やお悩みがありましたらぜひ一度当社までお気軽にご相談ください。
注文住宅に詳しいスタッフがお客様のサポートを致します。

家づくりのこと 」のおすすめ記事

PAGE TOP