vol326注文住宅のドアの設計にお困りの方へ!神戸のハウスメーカーがその悩み解決します!

神戸で注文住宅の購入をご検討中のみなさんは既にドアの設計はお済みでしょうか。
家のさまざまな場所にあるドアは家の内観の印象も左右します。
日常生活において高頻度で使用するドアは、やはり大きさや見た目、そして使い勝手にもこだわりたいですよね。
今日はそんな注文住宅のドアの設計についてご紹介します。

□住宅で使用されるドアの種類について

室内で使用されるドアの種類は大きく分けて、引き戸と開き戸、そして折れ戸の3種類があります。
それではそれぞれのメリットとデメリットを比較していきましょう。

*引き戸について

引き戸のメリットは戸を引き込んだ時に邪魔にならず、スペースを有効活用できることです。
これにより部屋をバリアフリー化しやすくなり、ご年配の方や車椅子の方にもご使用いただきやすくなっております。

一方で戸を引き込むためのスペースを確保する必要があること、戸を引き込む際に指をつめてしまう危険性があることがデメリットとして考えられます。

*開き戸について

開き戸のメリットは、開閉に力を要さないこと、機密性が高いことなどがあります。
また、開き戸は構造がシンプルであるため取り付けやすくなっており、そのおかげで価格も引き戸より抑えられます。
さらに、引き戸より頑丈であることもメリットでしょう。

その一方でドアが開く方向にスペースが必要なこと、開いている状態だとドアが邪魔になることなどがデメリットです。

*折れ戸について

折れ戸のメリットは扉の収納スペースの心配をする必要がなく、またドアの開閉のためのスペースを確保しなくてもよいことです。
これらの特性により、折れ戸はクローゼットやトイレなどによく使用されます。

デメリットとしては、戸が外れやすいことがあげられます。

□ドアを利用して、内装をおしゃれに見せるポイントについて

次に内装をオシャレに見せるドアの選定についてです。

1つ目のポイントは色と質感が自分の好みのものを選ぶことです。
ドアはインテリアの中でも重要なものなので、こだわりを持って探してくださいね。

2つ目のポイントはハンドルです。
ドアのアクセントにもなるハンドルはさまざまな色や形の物があります。
ドアやお部屋の雰囲気に合ったものを見つけてくださいね。

最後のポイントはガラスです。

ドアにガラス窓を付けることで雰囲気が変わります。
また、ガラスの質感を変えるだけでさまざまなスタイルに合わせられるでしょう。

以上のポイントを参考に素敵なドアをデザインしてください。

□まとめ

今回は、注文住宅のドアについてご紹介しました。
上記の通り、ドアは重要なインテリアなのでご家族の好みのもの、そして家の雰囲気にもあったものを選んでくださいね。
神戸で注文住宅の購入をご検討されている方は、お気軽に当社までご連絡ください。

家づくりのこと 」のおすすめ記事

PAGE TOP