vol334神戸で注文住宅をご検討中の方へ!高断熱の家について解説します!

神戸で注文住宅の購入を検討されている皆さんはどんなお家を建てたいですか。
住環境はやはり快適にしておきたいとお考えでしょう。
日本の多くの地域では四季がはっきり分かれています。
暑い夏も寒い冬も、お家の中の気温は快適に保ちたいですよね。
そんな皆さんに向けて、今日は高断熱の家について解説します。

□断熱性と気密性の語句の意味について

皆さんは「断熱性」と「気密性」という言葉をご存知でしょうか。

断熱性とは、屋外の気温に家の中の温度が影響されにくいという性能のことです。
断熱性の高い家では、夏に冷やした空気を保ったり、冬に効率的に家の中を暖めたりできます。
具体的には断熱材を壁の内側や床下、家の外側などに使用して家全体の断熱性を高められるでしょう。

気密性とは、家の中の空気が外に逃げ出さない性能のことです。
つまり防湿シートや気密テープを使用して隙間を少なくしてより密閉された状態になった家は、気密性の高い家ということになります。

高い断熱性と気密性を兼ね備えた住居は、高断熱高気密住宅と呼ばれ、1年中快適な住空間を提供してくれるでしょう。

□高断熱、高気密の家のメリットについて

高断熱高気密の家のメリットを2つご紹介します。

*省エネである

高断熱高気密の家では外気が出入りする隙間が無いため、一度温めたり冷やしたりした空気が家の外に漏れ出しません。
そのため、必然的にクーラーや暖房の効きが一般の家より良くなり、それが省エネに繋がります。
住環境を快適に保ち地球環境にも優しい、それが高断熱高気密の家の大きな強みの1つでしょう。

*健康にいい

高断熱高気密の家は健康に良いです。
上記で述べたように高断熱高気密の家は、1年中快適な気温を保てるので、気持ちよく日常生活を送れるでしょう。
また、気温を一定に保つことが特に冬に起こりがちなヒートショックを防ぐことに繋がります。

これは急激な温度変化にさらされた時に発症しやすいです。
さらに、心筋梗塞などを引き起こす原因になることがあります。
室内の気温を保てる高断熱高気密の家では、ヒートショックを引き起こす可能性が大幅に下がるので、安心できるでしょう。

□まとめ

このように高断熱高気密の家にはさまざまなメリットがあり、新築住宅の建設をご検討中のお客様には大変おすすめしたいです。
夏や冬を快適に乗り切れるのは魅力的ですよね。
神戸の注文住宅に興味をお持ちの方は、当社までご連絡いただければより詳細な説明をさせていただきますので、お気軽にご連絡ください。

家づくりのこと 」のおすすめ記事

PAGE TOP