vol398神戸で注文住宅をお考えの方へ!打ち合わせの際のポイントを解説します!

注文住宅において、打ち合わせはとても大切です。
それぞれの希望を叶え、理想の家づくりを行うためには、設計者にすべてを任せるのではなく、自分も参加することが好ましいでしょう。
そこで今回は、神戸で注文住宅をお探しの方へ向けて、打ち合わせの際に気をつけたいポイントをご紹介します。

□注文住宅の打ち合わせでのポイント

*設計者の提案力を見極める

念願のマイホームを想像すると、たくさんの叶えたい理想が思い浮かぶと思います。
特に神戸での注文住宅となると、これからの生活が楽しみですよね。

しかし、残念ながら、ほとんどの場合はプラン通りにいきません。
なぜなら、実際の打ち合わせにおいて、設計者は予算との兼ね合いや、実際に建築可能かどうかといった問題を考える必要があるからです。

そこで、より理想に近い家づくりを行うために、良い設計者を見極めることはとても大切です。
良い設計者とは、単にできるできないを明確にするだけではなく、そのうえでできる限り希望を叶えようと、尽くしてくれる人です。

注文住宅を行う際は、設計者が自分たちのライフスタイルに沿った提案をしてくれるのか、しっかりと見極めましょう。

*設計者とイメージを共有する

また、自分の中にあるイメージを、設計者に明確に伝えることも重要です。

実際に、頭の中でイメージできていても、それを上手く打ち合わせの中で伝えることは難しいです。
そのため、何度も、納得がいくまで打ち合わせを行いましょう。

設計者は、より快適な住宅を実現するため、たくさんの提案をしてくれます。
しかし、時にはその提案が、自分の理想と異なる可能性もあります。
そこで重要なのは、きちんと話し合うことです。

打ち合わせを何度も行い、設計者とイメージを共有し、理想の注文住宅を実現しましょう。

* 仕上げ材料のサンプルチェック

もう一つの重要なこととして、仕上げ材料のサンプルチェックを意識しましょう。

注文住宅を建てる際に、仕上げ材料のサンプルを見せてもらいますが、実はこのサンプルから実際の仕上がりを想像することは難しいです。
なぜなら、材料の色彩は、面積によって見え方が変わるからです。
面積が大きければ大きいほど、明るい色はより明るく見え、暗い色はより暗く見えます。

そのため設計事務所には、予めできるだけ大きいサンプルを用意してもらうよう頼みましょう。
そして、そのサンプルが本当に自分の理想に近いものなのか、設計者に相談してみると良いですね。

□打ち合わせで失敗しないためには

次に、注文住宅の打ち合わせで失敗しない方法をご紹介します。

それは、相手に話をさせることです。
実際に打ち合わせとなると、自分の理想やこだわりを、とにかく住宅会社に伝えたいかもしれませんが、それは控えましょう。
なぜなら、先に理想を話してしまうと、それに関する施行実績のない住宅会社でも、あなたの話に合わせて、打ち合わせが進む可能性があるからです。

そのため、先に住宅会社のこだわりや実績を伺い、それらの情報からその会社があなたの理想に合うかを判断しましょう。
注文住宅では、住宅会社の得意分野で家を建てると、失敗のリスクを減らせます。

□まとめ

注文住宅において、住宅は一度建てたらその先何十年も住むことが多いでしょう。
そのため、設計者とのコミュニケーションは大切にしてください。
また、神戸で注文住宅を行う際は、どの住宅会社を選ぶかは一つの重要なポイントです。
どこがあなたの理想を叶えてくれるのか、じっくり考えましょう。

家づくりのこと 」のおすすめ記事

PAGE TOP