vol454注文住宅で可能なペットと快適に暮らすための工夫とは?神戸の専門家が解説します

新築をお考えの方で、ペットと快適に暮らせる家にしたいとお考えの方はいらっしゃいませんか。
今回はこのようにお考えの方に向けて、ペットにやさしい家にするためにできる工夫についてご紹介します。

□ペットと快適に暮らすための工夫とは?

ペットを飼っているご家庭であれば、家のつくりを考える際に、ペットとの暮らしやすさにも気を使って決めますよね。
しかし、どのような工夫を講じれば良いのか分からないという方もいらっしゃるでしょう。
ここからは、ペットと快適に暮らすためにできる工夫を場所別にご紹介します。

*玄関

犬を飼っている場合、玄関では散歩時にリードやハーネスを付けたり、足を拭いたりしますよね。
そのため、このような散歩にかかわる作業が行いやすいような玄関づくりが必要です。

特に犬を複数匹飼っていらっしゃる場合は、必要最低限の玄関スペースだけだとスムーズに散歩に行くための準備ができない可能性もあります。
そのため、玄関スペースはなるべく広めに確保しておくのが良いでしょう。

*床

ペットと快適に暮らしたいのであれば、床の工夫もおすすめです。
例えば、ペットの足腰に負担がかからないようにペット用のコーティングを施した床材を使用できます。
滑りやすい床はペットにとっては危険であることもあるため、床のコーティングにも注意が必要です。

*階段や段差

ペットが階段を上り下りするようであれば、階段の傾斜はなるべく緩やかな方が望ましいです。
また、段差が高いと足を踏み外した際に、大きく転げ落ちてしまう危険があります。
できる限りペットにやさしいつくりの階段や段差にすると良いでしょう。

□設備面でできる工夫とは?

ペットと快適に暮らすためには、設備面でも工夫ができます。

例えば、コンセントの位置です。

リビングなど、ペットが長く過ごす部屋では、思わぬ事故が起こることもあります。
コンセントの位置を高くすれば、ペットがコンセントに触れて感電してしまうリスクを減らせるでしょう。
コンセントにカバーを付けるのも有効ですね。

他にも、ペットが常に窓の外を眺められるように、低い位置からも外が見える窓を設置するのもおすすめです。

飼い主が返ってきた際にその姿が見えれば、ペットも喜んでくれるでしょう。
外の景色が常に見えたほうが、ペットにとってもストレスがたまりにくい環境になるのでおすすめです。

□まとめ

今回は、ペットと快適に暮らすための工夫について解説しました。
ペットと快適かつ安全に過ごすためには、家をつくる際の工夫が大切です。
思わぬ事故を防ぐためにも、ペットにやさしい家づくりを目指しましょう。
神戸で注文住宅をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

家づくりのこと 」のおすすめ記事

PAGE TOP