vol458神戸で注文住宅を検討中の方へ!ロフトのメリット・デメリットを紹介します!

新築を検討中で、ロフトを設置するかどうかでお悩みの方はいらっしゃいませんか。
今回はこのようなお悩みをお持ちの方に向けて、ロフトのメリットとデメリットをご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

□ロフトのメリットとは?

ロフトにはさまざまな活用方法があります。
ここでは、ロフトのメリットを3つご紹介します。

1つ目は、デッドスペースを有効活用できることです。

ロフトを設ければ、余っている空間を有効活用できるようになります。
そのため、居住スペースを削ることなく収納などの設備を増やせるでしょう。

2つ目は、アイデア次第でさまざまな使い方ができることです。

ロフトは収納スペースとして活用できるのはもちろん、書斎や子供の遊び場、趣味の部屋など、さまざまな目的で利用できます。
ロフトはお子様にとっては秘密基地のような場所になるため、そこにおもちゃやゲーム機を置いておけば喜んで遊んでくれるでしょう。

3つ目は、部屋が広く見えることです。

ロフトを設けることによって、視線が遠くまで抜けるようになるので部屋を広く見せられます。
また必然的に天井も高くなるので、一般的なつくりに比べて、部屋が広く感じられるでしょう。

□ロフトのデメリットとは?

ロフトのメリットをご紹介しましたが、一方でデメリットも存在します。
ここからは、3つのデメリットについてご紹介します。

1つ目は、収納が面倒に感じる場合があることです。

ロフトを設けることによって収納スペースが増えるため、より多くのものを収納できるようになると説明しました。
しかし一方で、ロフトに上がるためには梯子や階段を上る必要があります。
そのため、収納を面倒に感じあまり日常的に活用されなくなってしまうケースもあります。

2つ目は、エアコンの効きが悪くなることです。

ロフトを設置すれば、住宅内の空間が広くなります。
そのため、エアコンが効き始めるまでに多少時間がかかってしまいます。

3つ目は、掃除が大変であることです。

ロフトを設けても日常的に活用されないケースがあると説明しました。
この場合、気付いたらホコリが大量に溜まっていたということも珍しくありません。
ロフトを設ける場合は、定期的な掃除が必要であることも意識しておきましょう。

□まとめ

今回は、ロフトを設置するメリットとデメリットについて解説しました。
メリット・デメリットを見比べて、設置するかどうかを慎重に検討しましょう。
神戸で注文住宅についてお悩みの方は、お気軽にWHALEHOUSEまでご相談ください。

家づくりのこと 」のおすすめ記事

PAGE TOP