vol497 注文住宅をお考えの方注目!長持ちする家の構造について解説します!

「長持ちする家ってどんなものなの」
「長持ちする家の構造のポイントを知りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。

そこで今回は、長持ちする家、長期優良住宅の認定基準とポイントをご紹介します。
ぜひ、参考にしてみてください。

□長期優良住宅の認定基準とは

以下の条件を満たしてある住宅が長期優良住宅と認定されます。

1つ目は、劣化対策がしてある住宅です。

長期優良住宅の認定基準の中の劣化対策の概要では、数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できる必要があると言われています。

簡潔に言うと、リフォームなどの改修工事を行ったとしても、住宅の構造を支える柱や梁といった部分が100年程度、使用し続けられる点が重要だということです。

2つ目は、維持管理、更新の容易性です。

維持管理、更新の容易性に関する基準のひとつに、躯体に比べて耐用年数が短い内装、設備の維持管理がしやすいことがあります。

つまりは、内装設備などのメンテナンスが容易にできる家が良いということです。

3つ目は、耐震性です。

地震大国と言われている日本の住宅には耐震性が非常に重要です。
長期優良住宅には耐震等級3以上が求められます。

□長期優良住宅のポイントとは

長期優良住宅には以下のポイントが重要です。

1つ目は構造です。

建物を支える骨組みのことを構造、骨組みを造る方法を工法と言います。
構造は建物を支え、一度作ると簡単に変えられない部分です。

長期優良住宅の認定を取得するには木造構造計算や地盤調査など厳しい検査体制をクリアする必要があります。

2つ目は、断熱です。

省エネルギー対策等級4以上をクリアするために断熱性能は大切です。
しかし、断熱材には様々な種類があり、それぞれにメリット、デメリットが存在します。

自身が建てる地域の気候風土を参考にして適切な断熱材で断熱性能を上げましょう。
また、断熱材は性能だけでなく、隙間なく施工することが重要という点も押さえておきましょう。

3つ目はバリアフリーです。

バリアフリー住宅は一見、高齢者や障がい者の方に特化した住まい作りに思えるでしょう。しかし、若者であったとしても、怪我をした際にとても役立つものです。

また、老後のことを考えて若いうちからバリアフリー構造の住宅にしましょう。

□まとめ

長期優良住宅の認定基準とポイントをご紹介しましたがいかがだったでしょうか。
この記事がお客様の満足のいく住宅づくりの手助けになれば幸いです。

また、この記事についてなにかご不明の点があればお気軽にご相談ください。

家づくりのこと 」のおすすめ記事

PAGE TOP